月別アーカイブ: 2014年10月

2014年10月22日 近江楽堂 櫻田亨氏 バロック・リュート・リサイタル 佐藤豊彦氏解説

9cf3b82a093e87232c95c7851aab260c-212x300

 

※このリサイタルは終了しました。櫻田亨氏のサイトにリハーサル風景写真が掲載されています。

【日時】2014年10月22日(水)開演19:00 開場18:30
【会場】東京 近江楽堂(東京オペラシティ3F)
【入場料】前売り3500円 当日4000円
【曲目・お問い合わせ】 lutulute.com(チラシ掲載あり)

今回は佐藤豊彦氏の解説付きコンサートです。演奏の合間にリュートの歴史や曲の時代背景,作曲家のなどのお話もお楽しみください。

広告

オリジナル楽器使用CD ナイジェル・ノース Nigel North

ナイジェル・ノース Nigel North(公式サイト


Nigel North「Guitar Collection」1984年録音

R-4575116-1370506534-3854 (279x280)cdsar18

nng

 

【レーベル・型番】
Amon Ra ‎CD-SAR 18

【使用楽器】
Renaissance Guitar
Vihuela
5 course Venetian guitar c.1640
5course guitar by Dias
5course guitar by Salomon c.1760
Fabricatore 1818
Panorumo 1828
French guitar c.1825
Panorumo 1843

(使用弦の記載はないが、ガット等歴史的弦の使用を推定される)

【収録曲】
ムダーラ:第4旋法によるファンタジア/ロマネスカ
作曲者不詳:ブランル/ピモントワーズ
ナルバエス:カンシオン
ミラン:第4旋法によるファンタジア
コルベッタ:2声のシンフォニア
サンス:パッサカリアとカナリオス
ド・ヴィセー:組曲 ニ短調
ジュリアーニ:大序曲 Op.61
ソル:モーツァルトの主題による序奏と変奏曲
カルッリ:変奏曲
メルツ:無言歌

Renaissance Guitar
1–Alonso Mudarra Fantasia Del Quarto Tono
2–Alonso Mudarra Romanesca: O Guardame Las Vacas
3–Adrian le Roy* And Robert Ballard Branle De Poictou
4–Adrian le Roy* And Robert Ballard Pimontoyse

Vihuela
5–Luis Milan Fantasia Del Quarto Tono
6–Luis de Narvaez La Cancion Del Emperador: Mille Regres (Josquin)
7–Alonso Mudarra Fantasia Que Contrahaze la Harpa En La Manera De Ludovico

5 Course Venetian Guitar c. 1640 And Virginals By Onofrio Guarracino, Italy 1668
8–Francesco Corbetta Sinfonia A 2

5 Course Guitar By Dias (?) c. 1590
9–Gaspar Sanz Passacalles
10–Gaspar Sanz Canarios

5 Course Guitar By Salomon c. 1760
Suite In D Minor
11–Robert de Visée Prelude
12–Robert de Visée Allemande
13–Robert de Visée Courante
14–Robert de Visée Sarabande
15–Robert de Visée Gigue

Fabricatore 1818
16–Mauro Giuliani (2) Grande Ouverture Op. 61 (1814)

Panormo 1828
17–Fernando Sor Introduction And Variations On A Theme Of Mozart (“Oh Cara Armonia” From The Magic Flute) Op. 9 (1821)

French Guitar c. 1825 And Fortepiano By Michael Rosenberger, Vienna c. 1800
18–Ferdinando Carulli “Variations De Beethoven Arrangees Pour Piano Et Guitare” Op. 169

Panormo 1843
19–Johann Kaspar Mertz Lied Ohne Worte

 

オリジナル楽器使用CD クリシュナソル・ヒメネス Krishnasol Jimenez

クリシュナソル・ヒメネス Krishnasol Jimenez


Krishnasol Jimenez「Robert de Visee: Livres de Pieces pour la Guittarre」2012年録音

Visee1

【レーベル・型番】
Brilliant Classics BRL94435

【使用楽器】
Antonio Stradivari “Sabionari” Guitar (1679)
(使用弦の記載はないが、ジャケット写真よりプレインガットと歴史的?巻き弦の使用を推定される)
楽器の詳細は下記のサイト参照
http://www.sabionari.com/Home.html

【収録曲】
ロベルト・ド・ヴィゼー:
組曲嬰ヘ長調「accord nouveau」
組曲変ロ短調
組曲ト長調
組曲ニ短調

Robert de Visée (ca.1660-1732) | Livres de Pièces pour la Guitarre | Paris, 1682 & 1686

Suite fa # majeur (1682)
„accord nouveau“
1) Prelude
2) Allemande
3) Courante
4) Sarabande
5) Gigue
6) Sarabande
7) Chacone
8) Gavotte
9) Menüet
10) Bouréé

Suite si mineur(1686)
11) Prelude
12) Allemande
13) Courante
14) Sarabande
15) Gigue
16) Passacaille

Suite in G-Dur
17) Prelude
18) Allemande
19) Courante
20) Sarabande
21) Gigue

Suite re mineur (1686)
22) Prelude
23) Allemande
24) Courante
25) Sarabande
26) Gigue
27) Gavotte
28) Bouréé
29) Menüet
30) Passacaille
31) Menüet

 

オリジナル楽器使用CD オラフ・クリス・ヘンリクソン Olav Chris Henriksen

オラフ・クリス・ヘンリクソン Olav Chris Henriksen


Olav Chris Henriksen「La Guitarre Royalle: French Baroque and Classical Guitar Music」1997,1998年録音

MM109LaGuitarreRoyalle

【レーベル・型番】
Museum Music MM109

【使用楽器】
Nicholas Alexandre Voboam II Guitar (Paris 1680)
Jean-Baptiste Champion Guitar (Paris 1790)(5単弦改造後)

【収録曲】

Francesco Corbetta
1.Prelude (1:18)
2.Caprice de Chacone (2:39)

Robert de Visée
PIÈCES IN C MINOR
3.Prelude (1:13)
4.Allemande, Tombeau de Mr. Francisque Corbette (4:12)
5.Courante (1:43)
6.Sarabande (2:18)
7.Gavotte (0:52)
8.Sarabande en Rondeau (1:46)

Jean Baptiste Lully
9.Ouverture de la Grotte de Versailles (3:08)
10.Entrée d’Amadis (1:20)
11.Entrée d’Apollon (2:53)
12.Entrée d’Isis (1:06)

Henry Grenerin
13.Prelude (1:30)
14.Passacaglia (4:44)

François Campion
15.Fugue (5:55)

Pierre Jean Porre SONATE POUR UNE SEULE GUITARRE
16.Allegro moderato (4:42)
17.Andante, sostenuto (5:43)
18.Presto (3:12)

Antoine Marcel Lemoine
19. Adieu plaisir d’amour,variée (7:43)

Antoine de l’Hoyer
20.Cinquième exercice: moderato con expressione (3:51)

【解説】

下記にLGS会報に掲載された紹介文を記載いたします。

ボストン美術館から出された、ギターのCDをご紹介しよう。オラフ・クリス・ヘンリクセンが、当美術館所蔵のオリジナルギターを使用して、演奏録音したものである。使用楽器のひとつは、アレキサンドレ・ヴォボアム作の5コースバロックギター(1680年)。調弦は、e ’-bb-gg-dd ’-aa で、明るい響きがし、メロディーとかき鳴らす和音が交互に出てくるバロック期の演奏に適している。コルベッタ、ドヴィゼー、リュリ、グレネリン、そしてカンピオンの音楽がこの楽器で演奏されている。もうひとつのギターでの演奏は、過渡期(1790年頃)にジャン・バプティスト・シャンピオンが製作したものを使用している。ここでは10個の糸巻のうち5個が使用され、e ’-b-g-d-A に調弦されている。単弦なので各音がはっきりし、メロディーと低音の明確さが要求される古典初期の音楽を演奏するのに適している。この楽器で、ポロ、ルモワンヌ、ロイエによる音楽が演奏されている。どちらのギターもフランスで作られたものであるが、調弦が異なる事もあって、かなり音色や持ち味が違っている。演奏には愛情がこもっているが、録音技術に関して言えば、残響が多すぎ、左手の雑音を拾いやすい所にマイクが置かれているのが残念だ。このCDは、単に二台のオリジナルギターを聞き比べられるだけではなく、滅多に耳に出来ない珍しい曲をはじめ、どれも美しい曲が選ばれていて興味深い。

オリジナル楽器使用CD ジェームズ・タイラー James Tyler

ジェームズ・タイラー James Tyler


James Tyler「The Early Guitar」

biggest_586825 eg2

【レーベル・型番】
SAGA SCD 9032(EC3356-2)

【使用楽器】
Preston Guitar c.1760
Preston English Guitar c.1765
Salomon Guitar c.1760

【収録曲】
ベネデット・サンセヴェリーノ: Madre non mi far monica
ジョヴァンニ・ステファーニ: O leggiardri occhi Bella Mia
ガスパル・サンス:前奏曲、パバナ / フランシスコ・ゲラウ(1649-1722):マリオナ
サンティアゴ・デ・ムルシア:前奏曲、ガヴォタ、ラ・ブルレスカ
ジョヴァンニ・バッティスタ・グラナータ:ギター、ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ
J.C.バッハ:ソナタ / 作曲者不詳:アリア、アルマンド、ブーレ
シモン・シモン: Ta viox touchante / Vous qui saves
ジャコモ・メルキ:2つのギターのためのデュエット