ごあいさつ

ここは、リュート愛好家のWebsite「朝歌」です。リュートとは上の絵画にあるような弦楽器で、かつてヨーロッパで大流行したものです。

ちなみに、プロのリュート奏者である佐藤豊彦氏の情報も掲載しておりますが、ご本人の公式サイトというわけではありません。(許諾はいただいております。)佐藤豊彦氏にコンタクトを取りたい場合は、Lute and Early Guitar Society Japan事務局長の櫻田亨氏にご連絡ください。

私にご連絡・お問い合わせいただける方は、ご連絡・お問い合わせフォームより送信してください。

 

佐藤豊彦氏 リサイタル・コンサート・講習会情報

 

2019.9.28  奈良 佐藤豊彦「フェルメール時代のリュート音楽」(佐保山茶論)
2019.10.19-20  福岡 LGS佐藤豊彦リュートセミナー予定(うきは市吉井町えくぼ喫茶)
2019.11.1-3  弦楽器フェア 佐藤豊彦氏出演予定
2020.2  東京・名古屋 加藤佳代子&櫻田亨コンサート(ナビゲーター佐藤豊彦)
2020.3.1  福岡 加藤佳代子&櫻田亨コンサート(うきは市吉井町えくぼ喫茶)
2020.4.10  山口 佐藤豊彦リサイタル(山口市 クリエイティブ・スペース赤れんが)
2020.4.11-12  山口 LGSリュートセミナー(美祢市秋芳町 秋吉台国際芸術村)
2020.5.15  東京 佐藤豊彦 バロックリュート・リサイタル 初台 近江楽堂
2020  日光 佐藤豊彦 LGSリュートセミナー(霧降高原「トロールの森」)

佐藤豊彦氏 新譜 銘器グライフによる「ウィーンのリュート音楽」 2018年10月25日発売
HMV販売サイトリンク

広告

2019年8月5日 リュート伴奏お稽古

・音が小さい。その2倍出しなさい。
・歌を聴いて、自分のリュートと一緒になったところを聴いたらリュートが小さいことが分かるでしょう?
・ソロの癖で終止をritして小さくしていますね。歌は次へ行こうとしてますよ?
・短いブレスをして力んじゃダメ。自然な呼吸をしなさい。同時にブレスしなくても聴いていれば合います。
・1割は目で楽譜を追って、9割は耳で相手を聴いてください。
・事前に申し合わせて弾くんじゃないんです。その時の相手の気持ちを感じ取って弾くんです。
・相手が何をやりたいか感じ取って、それを先んじて弾いて促すんです。
・歌手とリュート奏者は今だけ恋人です。相手に恋したら分かるはずです。
・俳優と一緒で現実世界の人間関係は忘れるんですよ。音楽は夢・空想・ファンタジーの世界なんですから。
・相手を聴いて合わせるだけじゃフラれる。自分の主張もして焦らして駆け引きをするんですよ。
・歌が伸ばしてるところは、リュートが主役。もっと自由にしっかり歌って。
・ここは先にリュートが弾いた旋律を歌がなぞるんです。ちゃんと導かなきゃ。
・歌の裏拍の音を焦って弾いてどうする。聴いてから入るんですよ。
・ダウランドは対位法もきちんとしているが、通奏低音のような厚い和音も使っている。そこが面白いんですよ。
・厚い和音は普通、時間を取ってゆっくり弾けということです。
・上行しているからといってクレッシェンドではない。単語や文節の切れ目を考えて。
・古い英語です。子音をはっきりと。
・リュートは子音の時に押さえて、母音の時に弾くようなイメージ。

2019年9月28日 奈良 佐藤豊彦コンサート「フェルメール時代のリュート音楽」

【日時】2019年9月28日(土) 開演14時(開場13時30分)
【会場】奈良 佐保山茶論 〒630-8113奈良県奈良市法蓮町856-12
【入場料】3,500円 ※要予約
【お問い合わせ・予約】佐保山茶論

【プログラム】

◇Johennes Fresneau フレズノー(1615/16‐1696以前)
Suite in A-major組曲 Aメジャー・F#マイナー
Préludeプレリュード
Tombeauトンボー
Couranteクーラント
Sarabandeサラバンド
Gigueジグ
Les Larmes de DeFresnaeu フレズノーの涙

◇Vieux Gaultier (Ennemond Gaultier) 老ゴーティエ (1575‐1651)
Suite in F#-minor/A-major 組曲 F#マイナー・Aメジャー
Allemande, la Pompe funèbreアルマンド「葬送」
La Pleureuse Couranteクーラント「泣き女」
Sarabandeサラバンド
La Cheèvre (Canarie)カナリー「雌山羊」

◇François Dufaut デュフォー (1604以前‐1682以前)
Suite in A-minor 組曲 Aマイナー
Préludeプレリュード
Allemandeアルマンド
Couranteクーラント
Sarabandeサラバンド
Gigueジグ

◇Charles Mouton ムートン(ca.1626 – ca.1720)
Suite in C-minor 組曲 Cマイナー
Tombeau de Madame Pavanneパヴァーヌ「貴婦人に捧げるトンボー」
La Deliberée Couranteクーラント「毅然とした女性」
La Bergere Sarabandeサラバンド「羊飼いの娘」
La libertin Canarieカナリー「自由思想の女性」

2019年6月8,9日 奈良 加藤佳代子&櫻田亨コンサート(ナビゲーター佐藤豊彦)


【日時】2019年6月8日(土)9日(日)共に開演14時(13時30分開場)
【会場】佐保山茶論 鶯鳴館  定員 50名※要予約
【入場料】3,500円
【予約】佐保山茶論
【演奏曲目】

2019/6/8 Saturday
Quel sguardo sdegnosetto – Claudio Mnteverdi(1567-1643)
あの蔑みの眼差し クラウディオ・モンテヴェルディ
Ohimé ch’io cado – Claudio Monteverdi
ああ、つまづき倒れる私 クラウディオ・モンテヴェルディ
La Claudiana Gagliarda(lute solo) – Pietro Paolo Melii(Venezia 1614)
ガリアルダ ラ・クラウディアーナ ピエトロ・パオロ・メリイ
Torna, deh torna – Giulio Caccini(1545-1618)
どうか戻って来ておくれ、私の幼子よ ジュリオ・カッチーニ
Belle rose porporine – Giulio Caccini
麗しい真紅のバラよ ジュリオ・カッチーニ
Ti lascio anima mia – Girolamo Frescobaldi(1583-1643)
我が魂よ、今こそ別れの時 ジローラモ・フレスコバルディ

Clarona, lay aside your lute – John Blow(1649-1708)
クラローナ ジョン・ブロウ
Love Constancy – Nicholas Lainer(1588-1666)
変わることのない愛 ニコラス・ラニエー
Air & Hornpipe(lute solo) – Henry Purcell(1659-1695) arr. T. Satoh
エアと角笛 ヘンリー・パーセル 編曲:佐藤豊彦
Music for a while – Henry Purcell
つかの間の音楽 ヘンリー・パーセル
An evening Hymn – Henry Purcell
夕べの賛歌 ヘンリー・パーセル

2019/6/9 Sunday
An evening Hymn – Henry Purcell(1659-1695)
夕べの賛歌 ヘンリー・パーセル
Music for a while – Henry Purcell
つかの間の音楽 ヘンリー・パーセル
Air & Hornpipe(lute solo) – Henry Purcell(1659-1695) arr. T. Satoh
エアと角笛 ヘンリー・パーセル 編曲:佐藤豊彦
Clarona, lay aside your lute – John Blow(1649-1708)
クラローナ ジョン・ブロウ
Love Constancy – Nicholas Lainer(1588-1666)
変わることのない愛 ニコラス・ラニエー

Entrée de Luth(lute solo) – Robert Ballard(Paris 1611)
アントレー第3番 ロベール・バラール
Cessè Mortels de Soupire – Pierre Guédron(ca.1570-ca.1620)
ため息をつくような人間をやめよ ピエール・ゲドロン
Goutons un doux repos – Michel Lambert(1610-1696)
楽しもう 甘美な安らぎを ミシェル・ランベール

2019年5月17日 近江楽堂 佐藤豊彦「ウイーンのリュート音楽」バロックリュート・リサイタル

【日時】2019年5月17日 14:00開演
【会場】東京 近江楽堂(東京オペラシティ3F)
【入場料】前売り4,500円(LGS会員4,000円)当日5,000円
【お問い合わせ】Lute & Early Guitar Society of Japan事務局長 櫻田亨氏
【チケット購入】イープラス
【演奏曲目】
ジャック=アレクサンドル・サンリュク:組曲F♯マイナー
アダム・フランツ・ギンター:組曲Eマイナー
ヨハン・ゲオルク・ヴァイヒェンベルガー:組曲Gメジャー

※クリックで拡大画像