佐藤豊彦氏プロフィール

佐藤豊彦氏プロフィール

s-DSC_0035e2

リュート界に於ける世界の第一人者として活動する佐藤豊彦は、立教大学在学中に恩師皆川達夫に出会い、啓蒙を受け、1968年にスイス、バーゼルに留学した。バーゼルではオイゲン・ドンボアにリュートを師事、1971年に世界で初めてのバロックリュートLPを録音してデビュー。

1973年には29歳でオランダ王立ハーグ音楽院の教授に抜擢され、2005年に退官するまでの32年間、世界各国で活躍する多くの後輩リュート奏者を育てた。

1982年のカーネギーホールでのリサイタルは、ニューヨークタイムズに写真入で絶賛を博した。Toshiba、Telefunken、Philips、EMI, Channel Classics、Carpe Diem、Nostalgia、など様々なレーベルで数多くのLP、CDを録音し、1980年にオランダでエジソン賞を、同年に日本で文化庁芸術祭賞を、さらに1983年と2008年の2回にわたってレコード・アカデミー賞などを含む多くの賞を受賞した。作曲家としても世界各地の現代音楽祭に参加し、自作品によるCD2枚もある。出版物にも「バロックリュート教則本」、「ヴァイヒェンベルガー・リュート選集」、「歌曲、或いはエア集 第1巻」などがある。

2000年には「リュート&アーリーギターソサエティ・ジャパン」(LGS-Japan)の会長に就任し、音楽家のための禅茶道「楽禅古流」と「楽禅式呼吸法」(気功)を考案し、能楽を学び、伝統的な日本の精神文化との融合を目指して、今も国際的に活動を続けている。

※2015年7月20日追記
1982年のカーネギーホールでのリサイタルのチラシ、ニューヨークタイムズの記事の画像追加

 

広告