リュート製作家リチャード・バーグ

リュート製作家リチャード・バーグ氏について Luthier Richard Berg

richard
Anton Birula「S.L.Weiss J.S.Bach」Bookletより

リチャード・バーグ氏はカナダの首都オタワ在住のリュート製作家です。長年、カナダ連邦政府の公職を務める傍ら、リュート製作を続けてこられました。残念ながら2014年末現在、製作活動からはほぼ引退されています。専業製作家ではないため、年間製作台数は1台程度と、たいへん寡作ですが、高度な製作技術と楽器としての質の高さには定評があります。特に精緻な象牙細工は瞠目すべきものです。私(管理人)も二度ほどお会いしたことがあります。2mを超す巨人ですが、とても人懐っこい方で日本贔屓。日本で本格的な刺身包丁を買ったと嬉しそうに話されていました。

リチャード氏の楽器はカナダ歴史博物館にも13コース・バロック・リュートが所蔵されています。下記公式サイトに掲載されている写真は、嘆息するほかない美しさです。
http://www.historymuseum.ca/cmc/exhibitions/arts/opus/opus423e.shtml

日本では、佐藤豊彦氏のために製作された総象牙の14コース・バロック・リュートがよく知られており、『現代ギター』誌でも紹介され、録音、リサイタルでも度々使用されています。

私(管理人)の所有楽器の項もご参照ください。

 


リチャード・バーグ氏製作楽器使用録音

佐藤豊彦 「バッハ:3つのリュート組曲」
「ネーデルランドのリュート音楽」
「ロベール・ド・ヴィゼーの音楽」
「バッハ:シャコンヌ バロック・リュート・リサイタル」
「スカルラッティ&ザンボーニ作品集18世紀イタリアのリュート音楽」
「J.S.バッハ リュート組曲 BWV1001&1006a」
詳細
佐藤豊彦他 「2.4.3(Duet for Three)~3台のリュートによるデュエット」
「歩み~2台のバロックリュートによるドイツ音楽」
詳細
山田千代美&佐藤豊彦 「黒船の古歌 Kurofune-songs From The Black Ships」 詳細
アルバ・ムジカ・きょう 「シェークスピアの音楽」 詳細
諧謔音楽 「イタリアバロック「愛とドラマ」の音楽」
「江戸時代「出島」で奏でられたオランダ音楽」
「二人のオルフェウス Two Orphean masters」
詳細
櫻田亨 「やすらぎのガット 7つの響き~7つの総ガット弦リュートによる名曲集」 詳細
大島秀文 「バロックリュート・リサイタル Prelude of a Great spirit」
「バロックリュート・リサイタル BACH & WEISS」
「バロックリュート・リサイタル Prelude of a Great spirit」
詳細
Anton Birula 「S.L.Weiss J.S.Bach」 詳細
Luteduo 「Baroque Lute Duets」 詳細
Michiel Niessen 「Un’altra canzone」 詳細
Earl Christy 「Neue Lautenfruchte – Works For Baroque Lute」 詳細
Istvan Konya 「SLW: Lute Suites」
「Lute music from three centuries」
詳細
Timothy Burris 「Ciaccona」
「Bach Meets Weiss」
詳細
Michel Cardin 「Silvius Leopold Weiss:The London Manuscript Vol.4」
「Silvius Leopold Weiss:The London Manuscript Vol.5」
「Silvius Leopold Weiss:The London Manuscript Vol.6」
詳細
Sylvain Bergeron 「The Balcarres Lute Book」 詳細
Richard Stone 「Lute Works of Silvius Leopold Weiss」 詳細

 


David van Ooijen氏によるリチャード・バーグ氏の11コース・バロック・リュートを使用した演奏

 

広告