ノート(リュート・古楽雑感)

2017年12月24日 リュートお稽古

 

・「ヘロルドのシャコンヌ、これはよくできてますね。低音で長い下降音型の後、高音で長い上昇音型、対応を意識してください。」
・「同じ音の繰り返しは、音が切れても構いません。むしろ、切れた方が良い場合が多いです。」
・「こちらの作者不詳のシャコンヌは、ゆっくり弾いたらどうでしょう。その方が装飾をたくさん入れて面白くできますよ。」
・「これらのシャコンヌは低音が繰り返しではないんですね。」「低音がずっと繰り返すのは18世紀初頭以降の、シャコンヌの歴史ではかなり遅い時期からです。大半のシャコンヌは、舞曲の自由な変奏曲だと思った方がいいですね。ただし、どうも共通項はあるようで、曲中に一箇所は低音が順次下降する変奏がある場合が多いです。」

・「ニコラス・バルドックのガット弦(カテドラル)は一人で作っているようですね。注文してからも到着が遅いです。以前は漂白無しの真っ黒い弦を、歴史的だとして送ってきたこともあります。漂白無しだから臭いもありました。彼はコントラバス弾きですが、現在は病気のため弾けないようです。弦はまだ作れると言っているので最近注文しました。コントラバス奏者としても優秀で、各地のバロックオーケストラで弾いていましたよ。ブリュッヘンのところとか。イギリス人ですが、ドイツにお城を買って住んでいます。もとは裕福なんでしょうね。(コントラバス奏者の稼ぎでお城は買えない。)」

・「グライフにある特徴で、現代の製作家がやっていないことってありますか?」「細かい点では二つありますね。一つはペグの穴で、まず穴は非常に大きいので、低音弦には相当太い弦を張っていたことが分かります。また穴の位置はペグボックスの中心付近に空いています。現代の楽器は穴がもっと周辺にあるので、太いガットが2,3回しか巻けません。」「なるほど、ローデッド・ガットのような細めの低音弦は(少なくともグライフでは)使ってなかったわけですね。」「もう一つは表面板です。グライフはほぼ真っ直ぐです。ごく僅かな落ち込みがあるだけ。」「現代の楽器はだいたいブリッジからロゼッタにかけてかなり落ち込ませてますね。僕の楽器もそうです。」「そこで近年作らせた楽器は、表面板を完璧に真っ直ぐにしてもらいましたが、これは失敗でした。」「え?そうだったんですか?」「真っ直ぐな表面板に弦を張ると、逆に張力で浮いてしまったのです。だから、やはり昔の製作家も僅かには落ち込ませて製作したのでしょう。オリジナル楽器は経年変化で真っ直ぐに近くなっているのだと思います。楽器はまた修理しなくてはなりません。」「それは大変でしたね。しかし、現状の楽器の仕様で満足しているのに、失敗を恐れず、さらにオリジナルに近い仕様で製作を依頼することが素晴らしいと思います。」「オリジナルに近づけることで、大抵は良い結果になりましたからね。修理の費用はこっち持ちだけどしょうがない。こっちが言ってやってもらったんだから。」

・「グライフのリブは異常に数が多いですが意味があるんですか?」「まあ、より円に近づくことで音響の効果が違うと考えたんでしょうね。しかし、最大の理由は木材だと思います。イチイはその頃(1611年)には伐採が禁止されていたんですよ。だからグライフのリブはたぶん幹ではなく枝です。枝と言ってもある程度の太さですが、そこから楽器に使える部分は細くしか取れない。それをたくさん貼り合わせたんでしょう。」「そこまでしてもイチイが良いんですね。」「イチイは反応が速く、繊細な表現ができますが、その分、扱いは難しいです。楓の方が楽ですね。象牙はその最たるもので、反応は鈍いけれども、まあ誤魔化しが効いて音は美しいです。」

広告

2017年12月17日 リュートお稽古

・同じ音型を2度繰り返す場合は、やはり強弱にした方がいいでしょう。
・クーラントかコレンテか分からない場合がありますね。コレンテとして速く弾くのに支障がある箇所があるので、これはフレンチのクーラントでしょう。ゆっくりとイネガルを使って弾くと面白いです。
・とにかく、フレーズの初めから終わりまでは、きちんと続けて弾いてください。和音は付いてこさせます。
・メヌエットが2つある場合は、だいたい1つ目は速く、2つ目は遅くなります。2つ目はサラバンドのような気持ちでゆったりと弾き、繰り返し後は装飾等の変化を付けるといいです。
・「タブラチュアを弾いている際にドレミを意識できていません。」「それは良くないですね。」「『50 Standards』をとりあえずリュートで弾いてみるのは?」「それは有効ですね。あとは既に弾ける曲をドレミで歌ってみるのもいいです。私の若い頃はタブラチュアが少なく、五線譜やギター譜から弾いたので、タブラチュアをドレミで歌えます。(古い出版譜を取り出し)このようにリュート曲ながら五線譜だけの出版も多かったのです。」
・「シャコンヌでもやりますか?サン=リュックのシャコンヌはフレンチよりは弾きやすいでしょう。技術的に面倒な箇所はありますが。」「是非お願います。」「実はオリジナルのタブラチュアは失われているんですよ。ウィーンの古い作曲家のものを集めた戦前の出版譜があります。そこにあるコンチェルトの五線譜の形でしか残っていません。」「それではこれは先生がタブラチュア化されたものですか?」「そうです。タブラチュアも戦前まではあったのでしょうけど。」
・「今はムートンの資料にある技法を練習しています。低音弦を1本弾いたら止めて、次の拍にオクターブ弦を1本弾く。つまり低音弦を弾き分けるんですね。これが結構難しいんですよ。つい両方弾いちゃうから。」「先生、まだ新しい歴史的な奏法を練習されてるんですね…。」

・「これは新しい楽器ですか?」「この楽器はソサエティのレンタル用にと、さる方から譲り受けたものです。80年代前半の恐らくイギリス製でしょう。ラベルは判読できません。表面板が薄く作られたために、今ではブリッジ付近で落ち込みすぎてロゼッタ付近で盛り上がりすぎ演奏できる状態ではありません。その時代は世界的に表面板もリブもオリジナルの半分程度に薄く軽く作るのが流行しました。有名だったのはステファン・マーフィー等ですが、ニコーもゲーストもその頃は薄く作りました。それらが現在では大半がダメになっています。」「作りは美しいんですね。」「そうです。その時代の楽器は現在よりもたいへん丁寧に作られている場合が多いですね。この楽器もバーで補強すれば使えますよ。」

・「グライフの調子はいかがですか?」「とても良いですよ。先月のレコーディングの際に、ニスなしのガットを1,2コースに張ってから非常に良い状態です。裸ガットはたいへん細かいニュアンスまで表現でき、素晴らしい結果になりました。イギリス人のニコラス・バルドックの弦(カテドラル)です。彼のは高価ですが品質は最高です。ただし、3日間で4本使いました。」

2017年6月24日 リュートお稽古

・「この低音、オリジナルからオクターブ下げて弾いていましたが、やはりオリジナル通りが良さそうですね。」
・「ここは低音が2オクターブも飛んでいますね。これがリュートです。鍵盤楽器では絶対にありえませんね。」
・「ローポジションで弾けるのに、わざわざハイポジションで弾いています、次のフレーズと差を付けたかったのでしょう。これもリュートならではです。」
・「このサラバンド付点のリズムを絶え間なく刻むつもりで弾いた方がいいでしょう。細かい表情にこだわり過ぎない。」
・「このメヌエットの前打音。次の拍(2拍目)の低音と同時に指を放してみては?」「面白いですね。難しいですが。」「慣れれば簡単です。」
・「このジーグは付点がちょこちょこ入っていますの、そこまで早いテンポではありません。古いフランス風のカナリーとジーグを混ぜたんでしょう。」
・「速く2回弾くより、ゆっくりと1回弾いて、練習してください。」

 

【禅茶】
・洗い茶巾の仕込みは、耳が茶碗から少し出るように。
・蓋置に茶巾を置く際は、耳がしっかり出て開いているとよい。白い兎が飾られていて、客が涼しく感じるように。
・茶巾を絞る際は指先だけを使ってください。
・柄杓から湯や水を注ぐ際は、ぞんざいにせず、丁寧に一定量を注ぐつもりで。
・全ての所作が早すぎます。ゆっくりと稽古してください。

2017年2月25日 リュートお稽古

s-cimg7653

・「サン=リュックの運指は非常に合理的です。難しそうな箇所も、よく運指を考えれば弾きやすいですよ。」
・「このサラバンドは名曲ですね。中声部が主役でしょう。彼は対位法を得意としていたようです。ヴァイスと並び称されたようですが方向性は全然違います。玄人受けする」
・「このジーグには低音が多いですね。速くは弾きにくい。遅く弾けということでしょう。サン=リュックはそういったことを冒頭の数小節で示してくれることが多いです。」
・「サン=リュックには『速く』ではなく『軽く』終わる組曲が多いですね。この組曲も遅めのジーグの後に簡単なメヌエットがあります。おそらくウィーンの好みなのでしょう。後年のモーツァルトにも当てはまります。逆に同時代のロシア等は、非常に遅い曲で終わるのが好まれたようです。組曲を速いジーグで締めくくるのが当たり前だと思わない方がいいですよ。」

・「アーチリュートのソロというとザンボーニくらいしか思い浮かびませんが。」「ピッチニーニ、カプスベルガー、メリー等たくさんありますよ。カプスベルガーの出版譜には1曲だけ14コースが必要なものがあります。つまり彼はアーチリュートを使ってたのでしょう。」「先生はアーチリュートを硬い材で造らせていますね。」「このセラスのオリジナルは象牙と黒檀です。当時のイタリアでは硬い音が好まれたのでしょうね。その時代のイタリアンとフレミッシュ・チェンバロの音も全然違います。」「じゃあ、アーチリュートでダウランド等は…。」「全く合わないでしょうね。このアーチリュートは58cmですが、ダウランド時代のイギリスの楽器はもっと弦長が長く、ボディも大きいです。豊かな音が好まれたのでしょう。」

【禅茶】
・深筒の場合の茶巾扱い。茶巾は左右を摘んで蓋に手なりに置く。茶筅通しの前に茶巾を取り、耳を引っ張り広げたら畳む。茶碗を拭く際には、人差し指と中指で摘んで取り、先に「い」「り」と拭く。茶碗の縁を拭き、再び人差し指と中指で畳み、蓋に置く。

2017年2月11日 リュートお稽古

s-cimg7658

・「この低音のスラーは上の声部の指を離さないと弾けませんね。つまり、上の声部は切っていいんです。休符があると思ってください。」
・「18世紀前半まではタブラチュアには原則的に休符は無いんです。そこで、こういう手法を採ったんですね。」「絶対取れない運指を使って休符代わりですか…。」
・「スラーが3音や4音にまたがると弱くなるんですが。」「弱くなってほしかったんでしょうね。」
・「低音がスラーで弱くなってますね。つまり逆に上声部はしっかりと弾けということでしょう。」
・「アーティキュレーションがバラバラですね。」「クヴァンツは『シークエンツでは同じことを繰り返すな』と書いています。サン=リュックはその典型ですね。」
・「サン=リュックのクーラントはおそらく大半はイネガル不要でしょう。付点が急に出てきたり、強拍がスラーの途中だったりしますから。」

【禅茶】
・茶入の回し拭きでは、牙蓋が客から見えるようにしよう。茶入の位置が低すぎると、何をやっているのか分からないので。