2016年1月29日 リュートお稽古

p10105601

・装飾はおまけ。力を入れずにさりげなく弾こう。装飾する前の曲が大切。
・特にテンポの遅い曲は繰り返しに装飾を入れた方がよい。
・プレストのような速い曲は、上の旋律が途切れないように弾くと綺麗。
・セーハを使うと旋律が途切れる場合がある。運指を考えよう。

・ゴーティエやデュフォーよりサン=リュックの方が難しい。
・サン=リュックは明るい曲が多いが、中には高音をあまり使わない地味な素晴らしい曲がある。
・サン=リュックがトンボーを捧げた、ウィーンのカストラートFrançois Ginterのリュート曲には素晴らしいものがある。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中