2015年6月20日 リュートお稽古

s-CIMG7648

*練習方法*
曲の練習の最初は必ず、ゆっくりと半分くらいのテンポでやる。途中で速くなりがちなので1回目はメトロノームを使ってもよい。2回目はメトロノームなしでやる。その後に3回目4回目をやる必要な無い。2回で充分。頭で考えなくても指が勝手に動いてくれるよう憶えさせる。ゆっくり弾く時はとにかくリラックス、力を抜いて弾くこと。その後他の曲でも弾いた後に気分を変え、元の曲を通して(やり直しせず)インテンポで弾く。そうすると、どこが弾けるようになり、どこが弾けないままか分かる。インテンポでは絶対にメトロノームは使わない。また、インテンポで何度も練習しても何の意味もない。それならば、インテンポで簡単な曲をたくさん弾いたほうがよい。

・プレリュードは、いろいろつめ込まずあっさりと弾こう。プレリュードなんだから。
・ヴァイスはいろいろやり過ぎない方がよい。ヴァイスは歌手、さらっと綺麗に歌おう。
・メヌエットの装飾は、しっかりとリズムを刻んだものにする。メヌエットはリズムを崩すとダメ。
・メヌエットを軽快にしようと、スタッカートばかり使いすぎるのもどうか。1小節に1回くらいを目安に。
・サラバンドの最初の小節の2拍目に付点があるのは重く弾けということ。テンポも遅く。2回目は装飾しよう。
・低音が音階になっていて突然オクターブ飛んだりするが、これは楽器の性能のため。フレーズが切れたわけではないので続けよう。

【禅茶】
・袱紗扱いの差し込みは、右手をまっすぐ前に(左手と同じ高さに)出し、右手が伸びきったら肘を支点に曲げる。
・茶入のを拭く際は、二引きの段階から小指で茶入の底を支える。そのまま回し拭きへ。肩付は袱紗の上に肩が出るように。
・柄杓でお湯を汲んだ後は、弧を描かず茶碗まで最短距離で運ぶ。注ぐ時は思っているより下から。
・お茶を点てる際は最初にしっかり底を摺る。底の真ん中だけでなく、底の前後にもしっかり茶筅が付くように。
・最初にしっかり泡立てたら、後半は上空をゆっくり漕いで泡を細かくする。この時間をしっかり長く取って。
・摺足ではつま先を少し曲げ、つま先で畳を摺る。踵で摺ると後ろに傾いてしまう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中