2015年2月7日 リュートお稽古

CIMG65301

・(ヴァイスの)プレリュードでは旋律一本を美しく歌おう。低音が動いていればそちらに集中。高音は勝手に付いてきてくれる。
・フレーズの終わりでもあまり終止感を出し過ぎない。高い音の前にブレスすると切れてしまう。
・ヴァイスは聴こえなくてもよい音をたくさん書いている。(リズムを刻むため)必要な音とそうでない音をはっきり区別しよう。
・だから、ヴァイスはチェンバロで弾いてもどうしようもない。不要な音を小さくして、必要な音だけで歌うことができないから。
・バッハは作曲家だが、ヴァイスは歌手だと思えばよい。五線譜にしたら理屈に合わない箇所がいっぱい。

【禅茶】
・袱紗扱いにて、正面で袱紗を折る時に、上部が向こう側に折れるように。
・茶杓を拭く際は、親指の付け根まで茶杓を入れ込み、親指と人差し指の指先でしっかりと袱紗を掴む。
・深筒の茶碗には、ある程度の量のお湯を入れないと、泡が立たない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中