佐藤豊彦氏お弟子さんのCD エドワード・マーティン Edward Martin

エドワード・マーティン Edward Martin 公式サイト


Edward Martin「Allemande: Baroque Lute works of Conradi & Kellner」

s-all

【レーベル・型番】
Magnatune Martin Music 2008

【使用楽器】
ダニエル・ラーソン製作11 コース・バロック・リュート(総ガット弦)

【収録曲】

Johann Gottfried Conradi
01-Suite in C Major-1 Prelude
02-Suite in C Major-2 Allemande
03-Suite in C Major-3 Courante
04-Suite in C Major-4 Menuet
05-Suite in C Major-5 Gigue

David Kellner
06-Phantasia in F
07-Prelude in D MInor
08-Courante in D MInor
09-Pieces in D Major-Phantasia
10-Pieces in D Major-Campanella
11-Pieces in D Major-Aria
12-Pieces in D Major-Courante
13-Pieces in D Major-Sarabanda Double
14-Pieces in D Major-Gavotte
15-Pieces in D Major-Giga

Johann Gottfried Conradi
16-Suite in A Major-1 Prelude
17-Suite in A Major-2 Allemande
18-Suite in A Major-3 Courante
19-Suite in A Major-4 Menuet Menuet Alternativ
20-Suite in A Major-5 Roundeau
21-Suite in A Major-6 Gigue

【解説】
私(管理人)はまだ持っていません。公式サイトにて、視聴、DL販売されています。また、ダーヴィッド・ヴァン・オーイエン氏によるCD評がありますので、ご紹介します。『エドワード・マーティンが、ゴットフリート・コンラディの全作品14 曲を録音した。これにダービッド・ケルナーの8 作品が加わり、1 時間あまりのCDとなっている。使用楽器は、ガット弦のメーカーでもあるダン・ラーソン作の11 コースのバロックリュートで、素晴らしく暖かい直接的な響きがする。ヘッドフォーンで聞くといくらかバックグラウンド・ノイズが気になるが、エドワードの流れるような演奏がその都度、私の注意を音楽に引き戻した。コンラディに、同時代のケルナーを組み合わせたのは、上手い考えだ。どちらも当時急速に時代遅れになっていた11コースリュート用の作品を書き、どちらも独特のスタイルを持つ。そして、エドワードはそれをはっきり弾き分けている。私は、コンラディの作品が気に入っている。彼の作品は我々を古い時代に引き込み、その表現はより個人的で親密である。』

 


Edward Martin「El Maestro: Fantasias 1-12 of Luis Milan」

s-vihuela-ed

【レーベル・型番】
Magnatune Martin Music 2003

【使用楽器】
(おそらく)ダニエル・ラーソン製作ビウェラ(総ガット弦)

【収録曲】

Fantasia 1
Fantasia 2
Fantasia 3
Fantasia 4
Fantasia 5
Fantasia 6
Fantasia 7
Fantasia 8
Fantasia 9
Fantasia 10
Fantasia 11
Fantasia 12

【解説】
私(管理人)はまだ持っていません。公式サイトにて、視聴、DL販売されています。

 


Edward Martin「The Art of the Lute in Renaissance France」

s-french-ed1 s-french-ed

【レーベル・型番】
Magnatune Martin Music 2002

【使用楽器】
ダニエル・ラーソン2002年製作8コース・ルネサンス・リュート(総ガット弦)

【収録曲】

1 Prelude (Phalese)
2 Basse dance :La Magdalena: -Recoupe – Tourdion (Attaingnant)
3 Fortune Laisse (Attaingnant)
4 Basse dance :La Roque: (Attaingnant)
5 Il me souffit (Sermisy)
6 Mon per ma donne mari (Bransle)
7 Die lustelycke meg (Phalese)
8 La tirantine (Le Roy)
9 Languir mi fault (Sermisy)
10 Guillarde milanoise (Morlaye)
11 Sans Liberte (Morlaye)
12 Haulberroys (Attaignant)
13 Aupres de vous (Sermisy)
14 Fantasia XVIII (de Rippe)
15 Branle Gay (Attaignant)
16 Ick seg adieu (Phalese)
17 Branle Gay :C’est mon amy: (Attaignant)
18 Grace et vertue (Roquelay)
19 Branle Poictou (Attaignant)
20 Trio (Belin)
21 Allemande (Le Roy)
22 C’est une departie (Sermisy)
23 Branle Poictou (Attaignant)
24 Peysen ende trueren (Phalese)
25 Branle Poictou (Attaingnant)
26 Quam pulchra es (Mouton)
27 Petite Fantasie dessus l’accord du Lute (Le Roy)
28 Premier Branle de Bourgogne (Le Roy)
29 Sixiesme Branle de Bourgogne (Le Roy)
30 Amy helas (Phalese)
31 Branle Poictou (Attaingnant)
32 Mill Regretz (Josquin)
33 Haulberroys (Attaingnant)
34 Il me souffit (Sermisy)
35 Duel double duel (Lupi)
36 The Fowerth Branle of Malte (Le Roy)

【解説】
公式サイトにて、視聴、DL販売されています。最初は、Lyre Music Publications の『The Art of the Lute in Renaissance France, Volume 1: Early to Mid 16th Century』の模範演奏(?)CDとしての発売だったようで、現在でも楽譜と一緒に販売されています。私(管理人)もこの楽譜はよく使いました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中