西海とポルトガルをつないだ西洋音楽

saikai1

皆川達夫氏の監修の元で製作されたCD。西海市のホームページでDLすることができます。スタジオ?録音で、音も良いです。佐藤豊彦氏のソロは、ルイス・デ・ナルバエスの「皇帝の歌」と「O gloriosa Domina によるディフェレンシアス」。原曲はビウェラですが、ここでは8コース・ルネサンス・リュートを使用されています。カナダのリチャード・バーグ氏製作で、総ガット弦を張ったもの。素晴らしい演奏です。

http://www.city.saikai.nagasaki.jp/docs/2011030900060/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中